Whimlog

文体が安定しませんが、ご了承ください。

The Force Awakenを見た

こんにちは、ジェダイナイトのスンです。昨日、Star Wars: The Force Awakenを見てきました。まだ、公開直後なのでネタバレしない感想をまとめます。

所感

先日、こんな記事を書きました。

asuforce.hatenablog.com

ここで書いたように、予告で泣くレベルにスターウォーズが好きです。なので涙覚悟でハンカチを握りしめての 鑑賞になりました。この一年間は本当に指折り数えるくらいの勢いで楽しみでした。辛いこともこの映画のために乗り越えてきました。事前情報を一切シャットアウトし、トレイラーの鑑賞に抑え、真っ白な状態で見ることに決めていました。そして期待だけを胸に映画館に行きました。

上映中は何度泣いたか覚えてないくらいにファン泣かせな事をしてくれました。お約束や作法を大事にしつつ、新しい試みやプロットが難なく理解できとても良かったです。まさに現代のスター・ウォーズ!文句無しの傑作でした。馴染みやすく新しいキャラクター設定、テンポの良いプロット、従来のファンでない人にも見やすい設定など、いいところしかない感じがしました。

ファンとして

ナンバリングがⅦとついているように、Ⅵの続きものになります。周知の事実ですが、スターウォーズは今Ⅳ, Ⅴ, Ⅵと言われてる作品から作られました。所謂旧三部作です。旧三部って凄くチープな感じなんですよね。当時はVFXが発達してなかったので、ミニチュアを使ったり限りなくアナログな手法が取られていました。そして、その後新三部作(Ⅰ, Ⅱ, Ⅲ)が作られました。新三部作はVFXをガンガンに使いド派手な演出を取り込みまくり、賛否両論の作品になってます。(僕は好きです。

僕自身は世代的には新三部作なのですが、ジェダイマスター(親父)の教えとして、パダワン(子供)の頃から旧三部作をオリジナル版と特別編を見ていました。なので旧三部作にはとても思い入れが強いです。ⅥとⅦの公開年は38年も離れています。しかも、監督がルーカスじゃないです。JJエイブラムスに変わりました。JJの映画は好きなのですが、ド派手な映像効果を使うことで有名です。ファンの間では不安の声も上がっていました。

⇡JJはレンズフレアが大好きです笑

映画を見るとこのような不安(多くは笑い話)は全くありませんでした。安心してオススメできるスターウォーズです。僕のマスター(親父)も絶賛していたのでぜひ劇場で見ることを強くおすすめします!

僕は実家に帰った時にマスターとIMAX 3Dを見に行きます。それほど良いです!まだジェダイじゃないあなたもこの映画を見てフォースを覚醒させてください!!!

May the force be with you