Whimlog

文体が安定しませんが、ご了承ください。

ニューオーリンズは夜の街

朝は寝不足と人生初の二日酔いでぶっ倒れていました。今日は今日で疲れてます。

2/20、ニューオーリンズのホステルに着いてから、部屋で寝床を作っていると、同じ部屋のアメリカ人のおっさん(Joe)と中国人のおっさん(中国の大学の英語の先生だから教授)が話に混ぜてくれました。めちゃくちゃ英語早くてほぼわからなかったけど、人生とかについて語っていました。名前の由来を聞かれて説明するのがめちゃくちゃ大変でしたが、教授が漢字を書いたら上手に説明してくれたのでとても助かりました。その後洗濯をしたのですが、その間に教授と二人で色々話すことができました。一人旅をやってることを物凄く讃えてくれたのが印象的でした。ニューオーリンズのオススメの場所を教えていただいたり、とても親切にしていただけました。洗濯が終わった時点でもう18時くらいでしたが、夜の街はぜひ見るべきだとの事だったので、行ってみることにしました。Canal Stをまっすぐに行くとミシシッピ川に着きました。向こう岸が見える川の幅なのですが、非常に大きなタンカーが川を下っていました。その後ニューオーリンズの町中に入りました。いたるところで様々な音楽が流れており、非常に賑やかな街です。Frenchman Stという場所があるのですが、ここがメインストリートです。物凄くうまそうな匂いがしたり、物凄く異臭がしたりと非常に五感が疲れる場所です。夕飯にGumbo Shopというレストランに行き、南部料理のジャンバラヤなどを食べました。非常に満足して帰ると、Joeが夜の街に出かけないかと誘ってきました。Joeはホステルの若者に声をかけて、たくさんのメンバーを集めました。結果として10人くらいで行くことになりました。

色々な国籍の若者が集まってましたが、みんな英語が流暢でした。(英語圏のやつばかり)もちろん俺が一番しゃべれないので大体聞いてるだけという感じ。まじつらい。バーで飲んで、みんなとはぐれたので、アイリッシュとオーストラリアンとミュージックバー巡りをしました。飲んで踊り、奢り奢られという感じで楽しかったです。朝の4時過ぎくらいまで踊り、ホステルに戻ったのが5時前でした。まさかアメリカでオールすると思わなかったので、めちゃくちゃテンション上がりました。

ニューオーリンズ、初日から色々起きてるので、なかなか面白いです。